不動産バブル崩壊を防ぐための中国政府施策

人民元債、日本に解禁という記事があります。

人民元債、日本に解禁「パンダ債」日中改善が後押し

パンダ債と言われるようです。この内容は、とても良いですね!資本主義の前進です。世界が1つになっていきます。
みずほの関係者は荷が下りたでしょう、数年前、確か点心債では東京三菱にやられましたからね。私が視た姿は、役員に対するアピールしか頭にない行員たちが逆に大目玉をくらい相当なプレッシャーを受けている姿です。アピールにはまたとない材料です、お疲れ様でした。
昨年末のクローズアップ現代でみずほでの保険の押し売り実態が取り上げられていましたからね、若手も中間も役員もそれぞれ色々と頑張ってほしいですね。

みずほ銀行、人事評価と結びついた金融商品の押し売りの実態がNHKより流出

少し先の話になってしまうのですが、元が暴落する未来を視た事があります。

中国では高利回りが保証された理財商品というものが多くあります。理財商品とは投資信託のようなものなのですが、ここが沢山のお金を集め、そのお金が中国の不動産に流入しているという噂があります。

中国の不動産バブルが崩壊するのを防ぐ為に、元の通貨価値を下げる政策を取る夢を昔視ました。時期は当分先ですので、時期が来ればまた御告げを出します。まぁパンダ債は、私は買いたくないなと思います。

やっぱり、株というのが、近未来から今を視た答えです。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem