1717明豊ファシリティワークスの次の展開

今日も、有名ブロガー〇〇貯男氏の扱っていた銘柄を紹介します。

1717明豊ファシリティワークスです。

こんな銘柄コードを見ると、良いな、イイナ、買ってもいいな、などと感じてしまうかもしれません。

確かに、100円近辺でウロウロしていた時は、その通りでしたね。

しかし、今もイイナ、なのかと申しますと、そうではない、というのが私の感じたところです。


チャートを観ますと、まだ天井をつけてなく、高値700円以上もあるように思えます。しかし、売りそびれると暴落が待っています。長期でじっくり持つ銘柄ではなく、短期的に値幅取りする、という手法しかありません。

しかし、短期で取りにいくにしては、流動性が足りません。また、もっと他に狙うべき銘柄も沢山ありますから、わざわざ明豊ファシリティワークスを狙う必要はありません。

まず、HPも社長以外の愛を感じませんでしたし、業績から観た株価は既に割高になっています。

東証1部に所属してから出直してきてもらうか、或いは安値を買い叩く方針でしか、妙味がないでしょう。

ところで、話は変わりますが、漢字違いですが、かつて『明宝の会』という仕手集団がありました。

ここは、既に上場廃止になっている昔懐かしい、7626ドットウェルBMSなどを手掛けていたとされます。

しかしながら、ココの筋は、私からすると、仕掛けが下手であり、仕掛けは失敗したことが多いだろう、という認識です。勿論、咬ませ犬的な会で、裏では他の筋と提携していたという可能性もありますので、真実は闇の中です。

この闇に、私が光を当てることで、全てを明らかにすることもできるのですが、それはしません。もし、この闇(=相場操縦)を明らかにするのなら、それは証券取引等監視委員会等の仕事であり、私は、もっと素晴らしい愛について注力したいと想っています。

光あるかぎり、闇もまたあり。

さて、明宝繋がりで、この明豊を仕手が狙ってくるかといえば、NOです。シンプルに、個人投資家が株を拾って、需給がタイトになり、バブル化しているだけです。売らないから上がる、上がるから買う、買うから上がる、という流れが継続しています。

その流れがいつか逆流します。では、逆流が始まる瞬間、天井の値段は、一体幾らになるでしょうか?これを推定してみましょう。

この銘柄は、元々100円近辺で推移していたため、テンバガー(=10倍銘柄)なら1000円です。

通常の相場なら、この銘柄にそこまでバブル化する力はありません。しかし、有名ブロガーが煽り、日本株がバブル化するなら、1000円テンバガーもあるでしょう。とはいえ、この辺が限界です。

そして、日本株がバブル化するなら、こんな銘柄に構っている暇はありません。もっと流動性があり、大きな資金を更に大きくできるような、夢のある銘柄があります。或いは、日経平均やNYダウ指数にでも投資する方が報われます。

大儲けしましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem