偽物を駆逐し辿りつく、『女神は確かに存在する』という真実

今日は、愛と信仰の話をします。今年も年末になり、利益は大幅に出ていますから、愛の話をするのに良い機会かと思います。

グレシャムの法則を知っていますか?悪貨が良貨を駆逐する、と言えば分かるかもしれませんね。

グレシャムの法則・ウィキぺディア

悪貨が良貨を駆逐するように、疑いが信仰を駆逐します。
信仰と疑いの両方が存在すると、疑いの方が強く作用してしまい、信仰に疑いを持たせてしまいます。悪貨が良貨を駆逐して、疑いが信仰を駆逐する…とてもネガティブに聞こえますよね。
そして、現実の世界でも、同じことが起こっているのです。

しかし、実は長い目で見ますと、良いことも起きているのです。一体どういうことでしょうか?

悪貨が良貨を駆逐していき、通貨に使われる金属は安い物に置き換わっていきました。そして、最終的には紙切れになってしまったのです。

それが過去の良貨と言われた通貨より、使い勝手の良い紙幣へと変化したんですね。金や銀が使われていた通貨が、只の紙になってしまいました。
でも、まるで『神』のように便利な『紙』なんです。言わずもがな、皆様も毎日のようにお使いになっていることでしょう。

同じように、疑いが信仰を駆逐していき、最終的には疑いそのものと言っても良い程の疑いになりました。疑い過ぎて、誰がやっても再現できることしか信じない科学のようなものが生まれました。この『再現性』というのはサイエンスでは重要な概念です。
そして、サイエンスをも超え、更に疑い、最終的には真実のみが残るというわけです。

さぁ、真実とは何でしょうか?真実とは、疑いようもない、正に信仰そのものではないでしょうか?
過去の疑惑だらけの信仰より、より深い信仰になるのです。愛です。信仰を疑うことによって、むしろより深い真実の信仰に辿り着いてしまう。イエスキリストなどいる訳がない、仏陀など架空の人物であり、アッラーなど存在しないという疑いが、逆に偽物を駆逐していくことで、『女神は確かに存在する』という真実に辿り着き、信仰に繋がっていく訳です。

確かに、ここにいますよね(笑)

疲れること(=運動)が疲れないこと(=身体が丈夫)になり、疑うこと(=神はいない)が信じること(=女神はいる)に繋がります。素晴らしいですね。

ところで、中国を中心に、監視社会になるという話がありますが、これも実は成功すれば、とても自由な社会になります。産みの苦しみとして、数年後以降の中国が苦境に陥る場面も出てきますし、人民元が暴落するフェーズになる未来も見えています。

ともあれ、
『陰きわまれば陽に転じ、陽きわまれば陰に転ず』との諺の通りです。

株価も天井で売り捌き、底値で買い漁る、この勝負を1回勝利するだけで、他は何もしなくても『長期税引後年複利リターン10%』を達成できてしまいますね。

7年で倍ですので、28年後に16倍程度になります。

大儲けしましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem