AIが治める世界で愛を知る

今日は、解散総選挙の話も出てますので、政治の話でもしましょうか。

どこが勝つか?という話ではありません。

今の日本は、『法治国家』です。中国は『人治国家』と言われたりします。

どちらがより良いのか?というと、先進各国が全て法治国家になった例から明らかですが、法治国家が優れている、という結論になっています。

これは、どういうことでしょうか?

人が治めようとすると、どうしても利害が絡み、正しくない結論が出てしまうことが往々にして起きてしまいます。

だから、法に力を与え、法に従うことにしよう、となった結果、法治国家が生まれました。

今の政治家は、頼りない人ばかりだ、というのは、国民のほとんどが思っている公然の秘密です。

今の政治というのは、人が政治家になっているので、いわば人治政治になっています。

どんなに政治家を入れ替えようと、どこの政党が勝とうとも、私たちが夢想する、理想の政治はやってきません。

ここで、最近発展してきたAIに注目してください。

AIで仕事が奪われる、という心配はさて置き、政治家がAIによって淘汰されていくと、政治がドンドンと良くなっていきます。利権やシガラミを断ち切り、本当の国益の為の政治が行われていきます。

人治国家から法治国家になったように、政治家による政治から、AIによる政治へ。

AIによって、人類の仕事が奪われたり、支配されたりするから怖い、という気持ちは幻想です。

人による支配より、法による支配の方が実はマシなんですよね。

それと同様に、理想の政治は、AIによる政治になります。

ところで、AIも時々失敗します。国益にそぐわない政策を実施したり、将来予測を間違えたりします。

法も、そうですよね。正しい人を裁いてしまうことがあるんです!

ですが、トータルで見ると、そちらの方がマシである、ということになります。

AIは、間違いを直ぐに修正します。

法も、今度こそ正しい人を救い、不誠実な人に鉄槌を下してくれることでしょう。

しかしながら、時間が掛かるのは、仕方ありません。

さて、私の伝えたいことが明確になってきました。

1.AIによる政治は、当分先であること。

2.AIも法も間違えるということ。

3.最後に正義は勝つが、それまで時間が掛かるということ。

ここから導き出される結論は、3つです。

1.健康で長生きして待つこと。

2.間違えても困らないように、お金を稼ぐこと。

3.信じて待つという、信念、そして心の平安という愛を知ること。

そういえば、今月、株価の変動が起きる未来が、私には見えました。

ダメな政治でも、お金あると自由に移動できます。私も、嫌な国からは出国して、海外を転々として楽しんでいます。

とりあえず…

Let’s get money!

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem