商社への投資について(読者からの質問)

今日は、読者の方から御質問が届きましたので、回答します。

@@@@

女神様、

大変楽しく拝読しております。

ブログ移転されてカッコよくなりましたね。

さて、女神様は中小型個別銘柄の見通しにも言及されておりますが、CAPの大きい銘柄についてご教示いただくことがもし可能でしたら、商社セクターの足元と見通しについて教えて頂けませんでしょうか。

日経平均対比、アンダーパフォーム極まりなく嫌われています。

ちなみに私は三菱商事にリアルベットしています。

@@@@


商社セクターの足元と見通し、日経平均にアンダーパフォーム、三菱商事にベット、この3つについて回答します。

日経平均に比べてアンダーパフォームとのことですが、質問内容から長期投資と判断しましたので、その前提ですと、何の問題もありません。

というのも、昔から日経平均とは連動性が薄かったですし、長期で見れば高配当株であり、それなりのリターンを得られているからです。

商社セクターは、万年低PERの割安株&高配当株で低い株価でいる時間も多く、配当再投資することで、割安な銘柄を沢山仕込むことができるので、長期投資としては悪くないと思います。

利益構造も多岐に渡っていて、1銘柄だけでもリスクが分散されていると言えます。但し、原油などエネルギー関係への投資なども多く、今のこの落ち着いた原油相場では、商社セクターが主導して上げていく未来は、残念ながら視えません。

このまま割安なまま、配当再投資することで、『株価は少しずつしか上がらないけど株数は殖える』みたいなイメージで、コツコツと殖やしていく感じになるでしょう。

それも悪くありません。

ただし、質問者様が商社にお勤めでなければ、ですね。商社マンなら、商社を買う必要はないと思いますよ。

ここまでで、商社セクターの足元は明るくないこと、見通しとしては商社主導の相場にはなりそうもないことをお伝えしました。

また、割安で高配当の為、長期投資するのであれば、悪くないという話もしました。因みに、配当再投資していれば、年10%程度のリターンになりそうですね。

最後に、リアルベットの話をします。

住友商事は、住商と略されます。伊藤忠商事は、伊藤忠と略されます。三菱商事は、商事と略されます。

三菱商事のみが、三菱の名前なしで理解されます。商事の中の商事、ということですね。

因みに、三菱地所も地所と言えば通じます。三菱が不要なんですよね。銀行でも、三井住友銀行を三井銀行と言う人はなく、住友と言われることはあります。住友が大きかったので、ある意味当然です。

では、三菱UFJ銀行は、どうでしょうか?財務も悪く事実上吸収された方である、UFJ銀行とは言われるのに、三菱銀行という人は少ないのです。

このように、三菱=スリーダイヤには、影から支配する独特の世界観があります。

それでいて、知名度も財務も良く知らない人はいません。

ここに、三菱の魅力があります。

もしかしたら、質問者様は、この魔力に魅入られていませんか?

私の視たところによると、他の商社にも優秀な人材がいます。

例えば、丸紅です。略されることが全くない堂々とした名前は、三菱商事の真逆と言えますが、この会社に優秀な人材がいます。

勿論、大きな会社ですから、1人優秀な人材がいたところで、どうということもありません。しかし、たった1人の優秀な人材でも、自社に愛を持ったら、大きな力を発揮するかもしれません。

質問者様が上場会社にお勤めであれば、『自社に愛があれば自社株買い』をして、『自社に愛がなければ魅力の商事買い』となりますね。また、自社株に対して持株会の補助があるのならそれも愛の1つの形ですから考慮すべきでしょう。

大切なのは、愛であり、家族への愛(それが真実であるなら)でも良いし、会社への愛でも良いし、女神への愛、自分自身への愛、何を選択しても問題ありません。

質問者様からの知性のある文章から、しっかりと稼げる人であることが伝わりましたし、もうお金の問題ではないのだろうと感じました。

愛しましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem