世界経済を見通して

10月4日(火)

今日は、投資の日です。

世界の金融情勢の話でもしましょうか。

世界の株価や不動産価格に、一番大きな影響を与えているのは、リーマンショック後に導入されたアメリカ含む先進国中央銀行による、量的緩和策です。

各国が行った緩和策により、マネーが膨れ上がりました。

そして現在、FRBが緩和策縮小を決断しつつあります。

難しい説明は今は省きますが、この緩和策により、世界の資産価格が暴騰しました。

それが縮小に向かう…ということになるわけですので、これは資産価格にとって、ネガティブな材料になります。

では、これから世界の株価など、これから暴落するのでしょうか?

答えは、『株価は、これから更に上昇する』です。

株価の本格的上昇や、バブルは、まだまだこれからになります。

これからの数年間は、迫り来るバブルをエンジョイしましょう!

アメリカの株価は、随分上がりましたので、中国株や新興国株式に注目していくと良いでしょう。

緩和策縮小というのは、今まで積み上げたものを全て崩すというわけではなく、効果が出るまでに長期間掛かります。そして、そこにバブルの芽が咲くのです。

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGN20H20_Q7A920C1000000/

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem