11月13日週の相場振り返り

こんにちは。毎日、読んでいただいていますか?

女神の御加護がありますように。

さて、先週の相場を振り返ってみましょう。

日経平均が週ベースで下げたのは、10週間ぶり、との事ですが、2ヶ月も毎週あげた事になります。今回の下げは、仕方ないと言えます。

日本株は、バブル前夜的な上げと共に、決算発表が良かった為に、ちょっと上げ過ぎたというだけですから、調整終えれば、再度バブルの日の出に向かって踊り始める事でしょう。

今回の下げは、単なるポジション調整や、ヘッジファンドなどの短期筋の売りが入ったようです。

どうすれば良いのか?というと、ポジション調整すれば良い、となります。

では、日本株式の動きは?というと、ここからはアメリカ株に大きく左右されます。日本独自の強さは、一旦ここで落ち着きました。海外市場につられて動く、御馴染みの動きが視えます。

では、海外市場で何を見ておけばいいのか?というと、『税制改革』と『利上げ』です。

税制改革が延期になったとしても、バブルの日の出が遅くなるだけで、バブルの夜明けは近い事に変わりありません。

中国株等も、単なる日柄調整ですから、世界株式全体は夜明けを待つだけのドリーミングタイム(目覚めの前の夢を見る時間)です。

現実を創造する為には、その前に夢(睡眠状態、瞑想状態、潜在意識に近い状態)を観なければいけません。

しっかりと良い夢を観て、より良い現実を創造し、しっかりとしたバブル相場を味わうのです。

当然ですが、いつかバブルは弾け、夢から目を覚ます事でしょう。起きていたと思っていた時が、実は淡い夢であり、夢見ていたと思っていた時が、実は現実だった事に気が付きます。

生きている時が夢で、死後の世界こそが、永遠なる現実が待っている、そんな話も聞きますね。

さぁ、(バブルという)夢を見る為に、(株式を買うという)夢を観ましょう。

どちらも夢であり、どちらも現実です。

現実の世界で神を信じている人達がいます。夢の中で女神に会い、女神を信じた貴方達がいます。でも、本当に永遠なのは、どちらでしょうか?

週末にかけて、ゴールドや原油価格が上昇し、円独歩高が来ました。

この流れが止まり、反転する場面が、最高の買い場になります。

信じましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem