ビットコイン解説

ビットコインの簡単なおさらいをしましょう。誤解の多いハードフォークについても解説します。

ビットコインは、ドル、ユーロ、円などといった通貨と似たポジションを目指しています。
ドルはアメリカの国の信用を得て発行されていますが、ビットコインは国の信用ではなく、ブロックチェーンという技術に信頼を置いて作られた通貨です。

通貨において重要なことの1つに『偽造されにくい』というのがあります。普通の通貨は、国家権力によって守られていますが、ビットコインは、ブロックチェーンという技術で守っていることから、『暗号通貨』とも言われますね。

ブロックチェーン技術は、普通の人には分かりづらいので、ここでは説明は省きます。そもそも、ここを理解しても、利益とは無関係ですからね。
利益に直結するのは、ハードフォークの方です。

ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻

ここの説明を読んでみてください。全く分からなかったら、まだビットコインに手を出してはいけないでしょう。
ビットコインが分裂し、『無償で』別の新しいビットコインキャッシュが与えられる、と読めると思います。

素晴らしい話に思えますね。しかし、『理論的にはビットコインキャッシュの分だけビットコインの時価総額が減るはずだ』とも書いてあります。

こういったものの意味が分からない人は、通貨の基本、金利を勉強してください。

ハードフォークされたビットコインキャッシュ等は、ビットコイン保有者に与えられる金利のようなものですので、フリーランチで与えられます。そして、金利を引き上げた国の通貨が短期的に上昇することがあります。『高金利だから買おう』という人が現れるからです。しかし、長期的には『高金利通貨は減価する』というのが経済や歴史の教科書の教えるところです。

ビットコインはドルや円などと違って、紙幣の乱発がないから価値が保たれる、などと言われたこともありましたが、ハードフォークにより、『ビットコインも、ビットコイン緩和策により、大きく減価する』というような可能性が高くなりました。

今、米ドルの金利を年末に引き上げるとか噂されて、一時的にドルが買われてるように、ビットコインも買われていますが、いつまで続くか分かりませんね。いえ、分かっていてもインサイダーになるので、お伝えしません。

米ドルのファンダメンタルが強ければ、高金利でも中長期的に上昇することはありますが、ビットコインのファンダメンタルはどうでしょうか?残念ながら、ビットコインのファンダメンタル以上に、大きく買われてしまっていて、相当異常な成長しない限り、織り込み済みの価格になってしまいました。

『ビットコインだけで生活する人が世界で100万人います』というくらいに織り込み済みですね。ビットコイン『も』利用する、ではありません。ビットコインのみで生活する人が100万人です。

時価総額10兆円とは、そのくらいのファンダメンタルが必要です。
ビットコインがどうなるか、私には未来も視えつつありますが、ここでは言いません。
ボラティリティは大きいので、トレードして利益を出すには、面白いですね。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

*仮想通貨最大手のビットフライヤーの口座開設は、↓から!
*私のところから口座開設しブログを読む貴方に御加護があるよう、女神が祈念します!

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem