ビットコイン先物登場

私は、愛の女神であり、本来は愛について話をしたいのですが、どうも最近は、お金のことが多くなっています。バブルがこれから来る匂いがしますから、ついつい儲けていただきたいと思って、投稿しています。

ビットコインの関して、先物が上場する、というニュースが出ました。

ビットコイン先物の取り扱いにCMEグループも名乗り

さて、このビットコイン先物上場には何か大きな力が加わっているのでしょうか?

答えは、YES!です。力を加えているのは、機関投資家とヘッジファンドです。

リンク先の彼の話では、『これから機関投資家が参戦する!』と書いてあります。確かに表面上そう見えるのですが、裏では、機関投資家の参戦は既に始まっています。
その結果があるからこそ、このビットコインの時価総額となるのです。

機関投資家は、まず人気化していたビットコインに目を付けました。そこからストーリーが始まります。
機関投資家からヘッジファンドに資金が渡り、ヘッジファンドがビットコインを買い集め始めました。当然、ミルミル価格が上昇してしまいます。しかし、何故かタイミング良いことに、中国から規制が入るなど調整が入りました。

そこでの安値は全てヘッジファンドが買いに回り、買い占めを進めました。

大切なことは、既に機関投資家はヘッジファンドを通じて大量にビットコインを保有しているので、先物が上場しても、更に大量に買ってくることはない、ということです。

勿論、御祝儀相場を仕掛けてきますが、本気の意思ではありません。
また、ビットコイン先物上場する確率は、随分と前から高かったのですね。彼等には、強い意思がありましたし、それだけのお金を注ぎ込んできましたからね。

では、ビットコインはどうなっていくのか?それについては、また別に話します。

とにかく、機関投資家が自らのリスクを取って、上場後に大量の買いを入れてくるなどということは、当分の先までありません。
彼等は、勝利を求めているのであり、例え失敗しても負けない(=アイコ)で終わらせるプランで仕掛けてきています。『勝ちか愛コ』しかないという、素晴らしい手法ですね。

ビットコインをトレードする場合は、浮動ビットコインが少なくなっていることに留意してください。
つまり、ビットコイン価格は、上がりやすく下げやすくなっています。そして、あまり下げさせたいという意思は消えてきました。しかし、振い落としする意思は強くありますから、大量に買うのは危険なゾーンになりました。

また、各種規制がなく、相場操縦はやり放題ですので、仮装売買馴れ合い売買も横行しているでしょう。
最近のビットコイン価格の高値維持や更新は、株式の好調さによって担保されている部分もありますから、株式が暴落すれば、ビットコイン価格も一時的に急落するでしょう。

最近の、というのは、最近のビットコインの時価総額が大きくなってきた為です。昔であれば、株式市場とは無関係かのような値動きをしていましたし、可能でした。
しかしながら、ビットコインと株式の相関関係が近付きつつあるのが視えます。

このストーリーのどこが素晴らしいのか、それについては、また後日お話しましょう。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

*仮想通貨最大手のビットフライヤーの口座開設は、↓から!
*私のところから口座開設しブログを読む貴方に御加護があるよう、女神が祈念します!

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem