将来起こるイベント、世界政府樹立

今日は、未来に起きるイベントで、世界政府の話をします。

EUがユーロを導入しました。これは、アメリカに経済的に対抗しようとEUが一致団結しようとした結果、生まれたものですが、もう一つの理由として、通貨を共通化して世界政府のようなものを作ろう、という秘密の動機もありました。

今のところ、ユーロ相場は特段悪くありません。問題を多く抱えてはいますし、これからのユーロ相場も、特段良いことが起きる可能性は低いです。

世界政府を作るなんてことは、とても難しい事になる訳です。実際に、私の視えている未来でも、相当先に起きる話であり、今の読者が生きているうちには、世界政府は樹立されません。

しかし、その片鱗は、死ぬまでに見えてくる人も出てくるでしょう。
そんな大それたことを目論んでいるのは、中国と世界的大企業です。

今、大企業が納めている税金は、各種タックスヘイブンなどを利用したりして少なくなっている、と言われています。その通りです。
そこで、EUが世界的大企業に課税したりしてますね。

これに対しての、大企業の反撃ということで、『国によって税金が違う』という問題を解決するべく、大企業が手を組むという未来があります。

そんなことは、とても先の話なので、今は株式でも買っておけばいいですね。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem