相場コラム(11)〜1月7日〜1月11日〜

女神です。

サロン開設まで、週の振り返りを簡単にします。

日米中と、主要国の株式市場、そして為替をどう捉えるべきでしょうか?

先週末の動きは、やや中立ポジションに戻ったイメージを持ってください。

地震をイメージすると分かりやすいのですが、プレートに歪みのエネルギーが溜まった状態から、地震が起きて大きく揺れますと、歪みのエネルギーは解放され、次なる地震は、エネルギーの歪みを溜め込む時間が必要になります。

今回の相場でも、大きく売られ、大きく戻して、株価の歪みのエネルギーは解放されました。

従って、『余震』に注意は必要ですが、日経で言えば、今週は20000円〜20800円を想定しておけばいいでしょう。

アメリカ市場は、短期的には決算を観ながらのトレードとなります。

中国市場は政府の介入により、下値は限定的になるでしょう。

ところで、有名アメリカ企業の世界一の大富豪アマゾンのCEOが離婚する話が出てきました。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15858583/

愛は、お金よりも大切です。

世界の株式市場を牽引するアメリカに黄信号が点滅し始めましたね。

長期ではネガティブ、短期ではポジティブな値動きになると視えます。

今週は、決算を睨みながらの個別株物色がやりやすい場面です。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem