1801大成建設の次の展開

女神です。

1801大成建設の決算発表があり、大暴落しました。

ゼネコンセクターが売られています。

1801大成建設は、時価総額1兆円超の大企業です。

建設の売りが始まりました。

未来を夢で視たところ、オリンピック後も建設需要は引き続き旺盛です。

とはいえ、建設セクターのオリンピックバブルは、今年で小休止です。

オリンピック後も建設は求められてはいるのですが、株価には波動があり、リズムがあり、投資家の気持ちが反映されます。

オリンピックまでは、長期で観ますと少なくとも中立トレンド入りですし、短期的には下降する場面も出てきます。

時々材料を出して、突発高する季節もあるでしょうが、1801大成建設のような建設セクターのバイ・アンド・ホールドで儲かる時代は終わったようですね。

ココからは、下げ過ぎたらリバウンド狙いとなります。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem