6月11日週の振り返り

女神です。

さて、先週の相場を観て観ましょう。

米朝首脳会議も通過して、米FOMCの金利見通し、ECBの量的緩和策終了、とイベントを乗り越えました。

ECBイベントで下がりましたが、そこが1つの買い増し場でした。

材料が豊富で、世界が大きく変化しているにも関わらず、世界の株価は小さな動きになっています。

2月の下げにより、下値は限定的となりましたので、今後は夏に向けて、高値を模索していくか、横這いを続けるしかなくなってきました。

NYダウ

つまり、今年のココからのアメリカ市場は『勝ちか愛子』になってきました。

では、日本市場はどうでしょうか?

日本市場は、エネルギーを溜めている感じで、まだそれ程噴き上げないかもしれません。

日経平均株価

今回ユーロが大きく売られましたが、円が大きく売られる日が(まだ先ですが)未来に視えます。

その時が、日本株本格上昇の合図であり、円しか持たない人々の中流階級総貧困化が訪れます。

オリンピック後は、お金のそこそこある高齢者も、株式を持たなければ、貧困化へと向かいます。

ところで、地震が起きたようですので、地震には気をつけておきましょう!

日米とも、下げても下値は堅い状態です。

今まで目を付けていた銘柄を狙う時期です。

但し、マザーズや小型などは、しっかりと撤退する値段を決めてからにしましょう。

ところで、仮想通貨ですが、ガクトコインは、ガクッと下がる姿が視えました。

時々噴き上げますが、解体相場ですから、手出し無用です。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem