好景気が全ての人を報う訳ではありません

女神です。

日本の将来の生活費の話をしましょう。

ペヤングやきそば「ギガ盛り」発売 1人での食事は注意

ペヤング焼きそば『ギガ盛り』が、約400円です。

カロリーは2000キロカロリー超えですから、1円で5キロカロリーです。

これで、1日分のカロリーを摂取できます。

家賃は月3万あれば、住める場所もあるので、その他諸々込みで、月7万で貧乏なりに暮らすことができます。

もし、男性が一家の大黒柱となり、奥さん子供を養うとなりますと、その3倍は必要になりますので、貧乏生活として、月約20万の生活費が掛かります。

こう考えますと、今のこの好景気の日本では、普通のサラリーマンや派遣社員でも、月20万を稼ぐことは難しくありませんから、『普通の仕事でも(貧乏)生活が簡単に成り立つ』となります。

世界を観渡してみますと、普通の仕事では貧乏生活すらままならない、という国の方が多いです。

ですので、日本の方向性としては、今よりも生活が苦しい方向へ向かい、『普通の仕事では貧乏生活ですらギリギリ』となります。

今の好景気では、給料は下がりにくいですし、私の視たところでも、多くの職種で給料は上がる方向のようでした。

従って、導き出される結論は、物価が上がってしまうということになります。

物価が上がるのに、銀行預金の金利は付かないままですから、物価の上昇(=インフレ、通貨価値の下落)に対応するためには、株式投資や不動産投資が必要不可欠なものとなります。

株式投資の黄金時代はこれからです。

因みに、多くの職種で給料は上がる、そして、物価も上がるとお伝えしました。

しかし、中には、給料が下がるもの、物価が下がるものもあります。

非合法、グレーゾーンの仕事の給料は上がりにくくなります。

売春系は、価値観の多様化により、抵抗感が薄れて参入する女性が増えること、貧しい移民が増えることなどから、一部の恵まれた女性以外は価値が下がります。

オレオレ詐欺、麻薬売人系の仕事も、先程と同様の理由で、一部の賢い幹部男性以外は、価値が下がります。

では、物価はどうでしょうか?

世界的に大麻合法化や医療大麻など、麻薬系の物価も下がってきます。

日本では医療大麻等はまだ非合法ですが、高齢化と共に、ニーズが増え、いずれ大麻が合法化されます。

合法化されれば、価格は下がるのは明らかですね。

競合となるアルコールやタバコも、物価が上がりにくくなりますね。

また、変な表現になりますが、ギャンブルの胴元の取り分も下がります。

仮想通貨を始めとしたデジタルギャンブルにより、宝クジや競馬のような『胴元有利』なギャンブルをする人が減ります。

これをまとめますと、『女、酒(麻薬)、博打』が相対的に安くなるということです。

男性の場合、貧しくなってしまいますと、女、酒麻薬、博打にハマってしまう確率が高くなってしまいます。

女にハマり、愛を失う。

酒麻薬にハマり、健康を失う。

博打にハマり、お金を失う。

これが貧困の連鎖です。

女性も同じですね。

男からお金を稼ぎ、愛を失う。

酒麻薬にハマり、健康を失う。

博打にハマり、男から稼いだお金も含めて、お金を失う。

結局、同じ結論になりました。

金融庁(お上)も、投資を推奨しています。

もはや、株式投資の黄金時代が来ることは間違いありません。

そして、それに乗り遅れてしまえば、多少の高給取りなんて、吹けば飛んでしまう儚い存在です。

好景気のニュージーランドも、ホームレスで溢れています。

人口の1%がホームレス! 好景気のニュージーランドで起きていること

日本の好景気も、似たことが起きるでしょう。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem