今将来を見据えてやるべきこと

緩和策で、国債が大量に増加しました。

『国債も株価も物価も給料もあらゆる物が全部2倍』になるという思考実験が思いつきます。

デフレ脱却が可能になりますが、デフレ脱却=不景気からの脱却にはならないでしょう。デフレは不景気の結果でしょうからね。

ところで、いきなり全てが2倍にはなりません。中央銀行がやったことは、銀行から国債を買い取ったり、政府から国債を買うので、政府や銀行の残高が増えます。

銀行は、増えた残高を中央銀行に預け直すだけだったり、株を買ったり、リートを買ったり、叩き売られたサブプライムなど不動産融資したりしました。

政府は、予算が楽に集まり、税収減でも政策を実施することが可能になりました。間接的に、一部は年金資金に回ります。年金資金は、国債や株式を買います。

さて、起こったことは何でしょうか?

株式を買う、国債を買う、不動産を買う、といったことであり、『資産価格の上昇』に繋がりました。

さて、市場全体がリーマンショックで赤字転落し、株式が叩き売られましたが、金融機関が破綻危機に陥り、連鎖的に企業同士の取引が減り、本業を真面目にやっていた会社までが利益を奪われました。

しかし、それは、破綻を恐れることによる取引急減であり、一時的に奪われただけであって、その後の中央銀行の秘策により、破綻危機が去り、通常営業に戻ると、基本的には利益も売上も大体元通りになりました。すると、株価も『リーマンショック前の元通りの株価』までは、サクッと戻っても不思議はありません。そして、リーマンショックから10年経てば、通常の経済成長により、リーマンショック前の株価を超えて、更に上がってもおかしくはありません。

そして、上がる為の資金は、ジャブジャブと供給されました。

今は、この辺りのフェーズになります。

中央銀行の秘策は、結局のところ、資産価格の上昇にしかならなかった、ということですね。現に、これだけ緩和しても、インフレは殆ど起こっていません。そして、これ以上緩和策を続けても、株価や債券価格、不動産価格を上げるのみ、となりますから、テーパリング、という話が出てきました。

このテーパリングですが、ゆっくりやらないと、当然のこと資産価格の下落を招きます。また、儲かるからといって、サブプライムを買い込むようなアホを再度やってる会社もあるので、テーパリングはユックリやる、という話になっています。

ここで、何が起きることを期待しているかというと、昔流行ったトリクルダウン理論でしょう。

結局、資産価格が上昇(金持ちが儲けた)だけだが、ここから、周りの経済に波及するだろう、ということです。

これは、過去には失敗したもので、金持ちがお金を使いたいサービスを提供できなかったから、ということになります。個別で見ると、超大金持ちがプライベートジェットとか買ったりしましたが、『多数の金持ち』は溜め込むだけだったからですね。アメリカ辺りの『隣の億万長者』みたいな本でもありましたが、多数の金持ちは、質素に暮らしていたからです。

ところが、今の日本にはチャンスがあります。お金を持っている多数派である高齢者に、『高級介護サービス』を提供します。すると、みるみるとお金が流れ始めます。

勿論、これは単なる理想論で、実際は介護保険などで規制が入り、民業圧迫して一部しか民間が参入せず、夢で終わってしまうかもしれません。

結局のところ、残念なことに、今から続く短期的な好景気は、お金持ちを更に儲けさせるだけ、で終わってしまう未来が視えます。

お金持ちを儲けさせるだけで終わると書くと、否定的に聞こえますが、実際には良いことが起こります。

それは、ITの更なる進化による社会の構造的変化です。今導入すると必ず失敗するであろうベーシックインカムですが、あと100年位すると、ベーシックインカムが機能する例も出てくるだろうと思います。

話が逸れたので、元に戻します。

中央銀行の秘策により起きたことは、資産価格の上昇だけだった、という話です。そして、ユックリとテーパリングする、ということですが、テーパリング最中も、資産価格の上昇圧力は依然として掛かり続けます。単に、上昇パワーが落ちるだけです。

ですので、今後も資産価格に上昇圧力が掛かり、株価は更に上昇します。しかし、リーマンショック後のリバウンドは終わり、株価は実体経済を完全に織り込みました。実体経済はユックリとしか変化がないのに、株価はガンガン上がり始める現象が起きてきます。

バブルです。

バブルが弾け跳んだら、その後暴落しますが、今の株価よりは高い位置で、その後は長期に渡るボックス相場になるだろうと思います。熱狂なき好景気の反対で、静かな不景気が継続する未来です。不景気とはいっても、中央銀行が緩和したジャブジャブなお金が、少しずつ国民へと流れてきますので、深刻にはならない、というわけですね。

そんな時に、ベーシックインカムの話でも出てくるかもしれません。このベーシックインカムを導入すれば、ダイレクトに物価が上がります。お金のない人にお金を配れば、そのお金は直ちに消費されます。そして、お金のない人が大量にいます。新たなるインフレ時代ですね。生活必需品が、人手なしで供給できるようになれば、ベーシックインカムは成り立つ予感がします。遠い未来の話なので、今の私たちには関係ありません。

株式を買うだけで解決です。

儲けましょう!

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem