6769ザインエレクトロニクスの次の展開

女神です。

今日は、このブログでも度々取り上げている五味さんの銘柄で、6769ザインエレクトロニクス、についてコメントします。

5月8日に決算発表があり、赤字幅が縮小したということになりました。

しかし、株価それ程影響を受けていません。

まず、読者様が覚えておくべきことに、この6769ザインエレクトロニクスのような『ジャスダック銘柄』は、東証1部2部と違う、ということがあります。

東証1部と東証2部にも、もちろん違いはありますが、『プチ粉飾決算やインチキ決算』が出やすいのがジャスダックだと考えてください。

過去、7733オリンパスや6502東芝など、東証1部銘柄だった銘柄にも、粉飾はありましたが、ジャスダック銘柄一般として、決算を作成する際に、ちょっと決算をお化粧(=いじって)してやろう、という余地が大きいのですね。

ですので、一見良さそうな銘柄でも、私は『ジャスダック銘柄である』というだけで、長期投資の候補から外してしまうことが多いです。

さて、6769ザインエレクトロニクスも、上場当初は注目を浴びていたのですが、現在では株価が長期低迷しています。

チャートを観てください。

日足チャートは、ここしばらく筋がいない抜け殻の状態になっています。

週足チャートで観ますと、去年の春からの仕掛けが終わったと分かりますし、日足と合わせて、現在は放置された状態だと視えます。

決算発表での反応から観ても、やはり抜け殻です。

こうなりますと、チャートの教科書に載っているような『ちょっとしたゴールデンクロス』とかなんとかのテクニカルで、買い!などとやってしまうと、自爆して勝てない確率が高くなります。

週足チャートで、885、920、966というように、大きな流れの中で下値切り上げを形成しています。

しかし、月足チャートを観てみますと、それを根拠にして買うなどとすると、あまり良い選択ではないと分かります。

ファンダメンタルを観ても、半導体関連として、とにかくカッコいいことをやってはいるのですが、利益がついてきません。

唯一の救われる可能性は、赤字縮小ということで、日本株がバブル化した際に、『黒字転換とバブル化』がセットで大きく噴き上がる要素はあります。

この『黒字転換と日本株バブル化』のセットを今から賭けるのか?と言われますと、勝ちか愛子とは到底想えませんね。

勝ちか負けになりますから、無理をせず他の銘柄を観てください。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem