今債券に投資することの妙味(読者からの質問)

女神です。

様々な方からの御質問、ありがとうございます。

全ての質問者様に、愛の光と祝福と福音をお届けします。

☆☆☆☆☆

はじめまして。

いつもブログを楽しく拝見しています。

さて最近、昨今の株価急落もあって、値動きの余りない債券に興味を持っています。

株と債券には逆相関があるとのことですので、ある程度保有したいのですが、日本債券の投資信託は投資する価値があるのでしょうか?

金利が低く、投資妙味がないとの意見もあり、迷っています。

投資を始めて日が浅く、知識もないため、ご教示いただければ幸いです。

☆☆☆☆☆

株式と債券は、逆相関というよりも、低相関ということでしょうね。

金利が低い今の状況は、日本債券はバブル状態にある、ということになります。

でも、いつ弾けるか分からないし、株式と共に保有することで、株式投資のリスクを減らせることは確かなはず、ということですよね。

細かいところでは、個人向け国債というものがあり、日本国債券の投資信託を持つよりは、この個人向け国債がマシになります。

既にご存知かもしれませんが、日本国債券は、金利が上昇すると、大幅に値下がりリスクが、実はあります。

思考実験をしてみましょう。

『ある日』金利0%で日本債券を100万円買い、その直後に金利が年利100%になったとします。

そうすると、金利0%の日本債券は50万円に値下がりしてしまいます。

満期まで(=1年後まで)保有すれば、100万円に戻りますが、その『ある日』には50万円の価値になってしまうのですね。

でも、個人向け国債なら、手数料が掛かりますが、その『ある日』に100万円で返ってきます。

個人向け国債は、債券の値下がりリスクを、国が背負ってくれるのですね。

もちろん、その代わりとして、金利が低い可能性があるというデメリットがあります。

ですので、日本債券の投資信託には、投資妙味はない、と想います。

では、個人向け国債はマシなのですが、他に選択肢はないのでしょうか?

実は、銀行預金も悪くないと想います。

金利が上昇しても、銀行預金残高は減りません。

株式が値下がりしたら、その銀行預金を使って株式を買えばOKです。

株式は、1日で何%も動いたりしますが、日本国債券が今から急騰(=金利が0%以下に下落する)確率は低いです。

ですから、僅かな日本債券の利益を捨て去り、株式が値下がりした時に、1日でも早く株式に投資する、ということが重要になってきます。

日本債券を持っていたら、それを売却して、株式を買うというのに、何日も掛かります。

しかも、大して儲からないし、金利が上昇していれば、多少の損失すら被ります。

そんな物は不要です。

これで、何の問題もありません。

さて、もう1つのオススメは、(低コストの)バランスファンドを保有することです。

株価が値下がりすれば、日本債券を売って株式を買ってくれて、株価が値上がりすれば、株式を売って日本債券を買ってくれます。

高い物を売って、安い物を買うというリバランスを毎日してくれる訳ですね。

正に投資の王道です。

https://emaxis.jp/smp/fund/252760.html

これが一例です。

まとめますと…。

1…現金〇〇円、株式〇〇円というように分けて保有する。

2…日本債券を含むバランスファンドを保有することで、株式投資の補助として保有する。

金利が低い内は、これでOKです。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem