WEB3.0とブロックチェーンの未来について⑤ ~ やっぱり株投資 ~

女神です。

さて、イケハヤの論点で、『相場が分からない』というものがあります。

ゲームアイテムを意図的に安く相手に譲ったりして、損失を計上し、税金を安くするといった手法ですね。

不動産であれば、即違法行為で捕まる案件です。

1億円の物件を、息子に100万で譲れば、相続税を安くできる!とかの古典的な手法です。
不動産であれば、相場というものが簡単に分かりますので、意図的にやれば違法ですね。

ゲーム内のアイテムであっても、これは、意図的にやれば違法です。
でも、アイテムがいくらなのか、相場も何もあったものではない、だから違法とすることは難しいのではないか?というのが彼の主張です。

それに関しては、私は、特に気にしていません。
国税庁は諦めない、ということと、値動きの激しい仮想通貨は好まれない、ということの2つが主な理由です。

そもそも、今だって、まるで税金を払わずに済ませている取引が数多くあります。
水商売、風商売の人達も、親子関係でも小さな金額とか、本来は払うべきなのに払っていない税金、というのが、現時点でも沢山あります。
それで、金額が大きい人だけが、時々生贄にされ、脱税で捕まっているのが現状です。

少し違う話ですが、株式市場も怪しい取引が常時行われているのは公然の秘密ですが、こちらの方は金額の大きい大手外資系金融などは、全く生贄にすらされず、時々ちょっと間違えただけのような人が生贄にされたりします。

全く、ダークな世界なのかもしれませんね。

というわけで、株式市場に比べますと、税金の世界は適度にクリーンであり、今でも脱税が多く、将来も脱税は続き、『銀行出金時に課税』といった未来は、私には視えません。

税率さえ適正になれば、税金の問題は、WEB3.0に大きな悪影響を及ぼすことはない、ということですね。

最後に、お伝えしておきましょう。
仮想通貨やブロックチェーンの未来が明るくても、『仮想通貨の価格』は、同じように明るいわけではありません。
選ばれしコインのみが、大幅上昇する、というわけです。

今となっては、その選ばれしコインを当てることは至難の業で、間違ったコインを買ってしまえば、それは紙切れのような値段になってしまいます。

国家を超えたとか、管理者がいないとか、価値が上がり続けるとか、そんな夢は、もう消えましたね。

金融庁(=国家)が介入し、ネム財団(=管理者)があり、イーサリアムが新たにコインを発行(価値が下がる要因)し、というように、国家も超えず、管理者もいます。

さて、株式でも買いましょう。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

*仮想通貨最大手のビットフライヤーの口座開設は、↓から!
*私のところから口座開設しブログを読む貴方に御加護があるよう、女神が祈念します!

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem