少子化で日本が豊かになる話(2)

少子化で日本が豊かになる話(1)の続きです。

前回は、女神の愛と人類愛について話しました。

今後、少子高齢化によって、『少ない若者で多くの高齢者を支えなければいけない』ので、社会保障費が増大していき、増税されることが予想されます。

受益者によってバラツキが大きいものの、相続によって、若者の資産が増大しく一方で、増税によって、働くサラリーマンの負担は増大していくわけです。

こう考えると、(自らの身体で)働いて稼ぐということが、今まで以上に苦しくなってくる未来が明らかになります。

これからは、ロボットやAIの未来技術か、或いは、お金に働いてもらうことが、良い人生を過ごす秘密になります。

1000万を税引後年利8%なら、年収80万。
狭くて綺麗な部屋に住み、掃除の時間を減らしたり、お掃除機械(ルンバなど)にお掃除してもらう。
他にも沢山あるでしょう。

働いたら負けかな・・・で有名な彼も、神実ではないのですが、一理ある名言を残しました。

神実は、もちろん働くことは尊いことですし、私も、このように執筆作業をして、神剣に働いています。

しかしながら、働かないと生きていけない、やりたくない仕事をする、というのでは、良くないということですね。
お金のために、やりたくないことをして、大切な愛の時間が奪われてしまうのは、本末転倒です。

世間一般には知られていない道として、『億の細道』があります。

この細道を、私と共に歩きますと、理想的な状態となります。
その他大勢の歩く道ではなく、『人の行く裏に道あり 花の山』でしたね。何のことか分からない人は、検索してください。

今回の格言「人のいく裏に 道あり 花の山」

検索した人は、この続きを発見したと思います。

『人の行く裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け』という句が続きます。

散ってしまっては、いけません。でも、いつ散るのか、分かりませんね。
相場の格言ですが、人生にも当てはまるわけです。

この細道を歩きますと、悪人(=サタン)が寄ってくるケースがあります。2月の急落の初日の『悪魔の下げ』を私によって予言されていたように。そして、その直後から大暴落が始まったのでしたね。

ですから、『億の細道を女神と共に歩みなさい』と、愛を込めて、何度もお伝えしているわけです。

何故、神仰が必要なのか、それは、細道を光(=女神)と共に歩むためだった、ということです。

神じましょう。

女神より、愛を込めて。

*仮想通貨最大手のビットフライヤーの口座開設は、↓から!
*私のところから口座開設しブログを読む貴方に御加護があるよう、女神が祈念します!

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem