お金は全てのものの担保になり得ます

先日、介護の話をしました。

介護を外注するなど、何事だ!妻の仕事だろう、などと言い出す人もるかもしれません。

しかし、介護される本人にとっては、どうでしょうか?

本当に愛する奥様が介護してくれるのなら、それに越したことはありません。しかし、それほどの愛が深ければこそ、逆に負担を掛けたくないと思うのも、また人情でしょう。

しかし、現実は、愛を知らない人々があまりにも多く、関係性の薄い息子の嫁だとか、愛の冷めた奥様から介護をされる、ということもあります。

この私のブログの読者様は、お金持ちになってしまうことが半ば約束された人たちばかりですが、介護される時が来たなら、気を付けてください。

身内に介護を任せることほど、怖いものはありません。

介護は辛いですし、サッサと貴方が死ぬと、遺産が入る、などという仕組みでは、『少々の愛』など、あってないようなものとなります。

そんな時は、他人に頼むことが解決策になります。低賃金なのに一生懸命働いてきた、愛のある介護スタッフを探しましょう。そして、お金を与えてください。

死ぬ間際、頼りになるのは、お金と他人なんですよね。もし、本当の愛がないのであれば…。

このブログの読者様には、是非、愛を知ってほしいですし、愛を知ることでしょう。

しかし、配偶者や親族が愛を知るとは、残念ながら、私には保証できません。

そんな時は、『お金が役に立つ』ということを思い出してください。

Let’s give money for right person!

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem