コインチェックが消滅する日(1)~ 買収か消滅か ~

女神です。

今日は、今年最大級の経済事件である、コインチェック事件について、お話しましょう。2日間のシリーズです。

この事件ですが、事件後、毎日のように進展していた物事が、ここ数日、あまり変わらなくなってきました。

私には、あの日以降、未来に対して大きな圧力が加わり、未来が変化しているのが視えていました。ネムが盗まれ、被害者の会もできたとの噂もあります。

現状は、ネムを盗まれた人達は、『もし返金されれば』意外と救われることになります。でも、盗まれなかった人達の別のコイン保有者は、大損することになります。

ネムを盗まれた人達は救われ、盗まれなかった人達は救われない、という未来が来ることになってしまいます。

現状のまま、コインチェックが出金を再開すれば、一斉に出金されることでしょう。コインも、我先にと売りが殺到して、コイン価格は更に暴落圧力が掛かります。

売買が再開して、コインチェック販売所でコインを売る場合、販売所なので、スプレッドがあります。元々、酷いスプレッドで有名だったコインチェックだったのですが、販売再開したら、『売りたいなら30・買いたいなら80』とかになりそうです。

スプレッドは何%と決まっているわけではないので、ネム以外のコインを売る場合は、酷いことになるでしょう。

ビットコイン等一部のコインは、他の国内取引所に移動させれば良いですが、それ以外のコインは、海外の怪しい取引所に移すか、コインチェックに大きくハメ込まれるか、しかありません。

もちろん、未来を信じて売らない人も極少数いるでしょうが、そういう人達は、何故かコインチェックには少ない、と私には視えます。情報強者は、他の優秀な取引所に預けてたり、自らウォレットに保存しているからですね。

また、『被害者の会』としてコインチェックに補償させるために、あえて売らない人達もいます。コインチェック崩壊圧力ですね。

こう考えますと、金融庁とすれば、一般人がコインチェックにハメ込まれるなんて、許しがたいことになりますし、海外の取引所へ移されるのも、国策上世論上、許されません。

コインチェックが情報弱者から大量に回収することによって、溜め込んだ大きな現金は、大半は様々なところに召し上げられる、ということになるでしょう。

そして、ボロボロになったコインチェックを再生させるべく、また、仮想通過を再度盛り上げようとする精力によって、コインチェックは底値で買い叩かれるでしょう。

つまり、買収される、ということです。さもなくば、全ての資産が消え、消滅します。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem