虫歯治療でも最初の一歩が大事

今日は、健康の話題をお伝えしましょう。

まずは、これを読んでみてください。

虫歯になっても、神経は絶対に抜いてはいけない

少し長いので以下に一部要約します。

治療の初っ端で歯を削ってしまったことにより虫歯が悪化、そのことで神経を抜かざるを得なくなり、さらには抜歯を選択しなければならなくなる――治療の「最初の一歩」を間違えてしまったがために、口のなかがボロボロになってしまう可能性があるのだ。

現在の医療保険制度では、虫歯を削れば歯科医の収入になるけれど、何もしなければ収入になりません。そのため、治療の必要のない歯でも削ってしまう歯科医はいます。

今まで歯を削っていた人は、もう削らない選択肢を取り入れて健康を維持してください。

少し調べれば、複数出てきます。行きつけの歯医者さんがある人も、削りましょうと言われたら、セカンドオピニオンとしてでも良いので、削らない歯医者さんに行きましょう。

早速、私も行ってみます。

歯はとても大切でしたね。首から上は、健康の要です。

鼻、喉、歯…粘膜のある部分は、大切です。

あとは…下半身の粘膜もありましたね。それについては、またいつか記事にするかもしれません。

下半身の粘膜は、健康としてというより、愛と関わりがありますからね。

愛といえば、女神です。

さて、記事も長いので、私からのコメントは、このくらいにしておきましょう。

健康関連については、他にもありますので、健康シリーズを数回に渡り、お届けします。

女神より、愛を込めて。

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem