はあちゅう氏も愛、健康、お金の順番を間違えてしまいました

今日は、女性に向けての、お話をします。

はあちゅうさん(=伊藤春香さん)のパワハラ告白です。

はあちゅうが著名クリエイターのセクハラとパワハラを証言 岸氏「謝罪します」

とても痛ましい事件です。はあちゅうさんのような積極的な女性には、2週類のパターンが存在します。身体を売るか売らないか、です。はあちゅうさんは、後者だったのかもしれません。普通は男性なら、女性が身体を差し出さないことがわかれば、相手にしないはずなのですよね。しかし、岸さんは違いました。

女性の皆さんは、どう思われたでしょうか?

私は、はあちゅうさんのことは、詳しく知りませんし、観察する時間もありません。私が想ったのは、やはり女性もお金を稼ぐ必要がある、ということです。はあちゅうさんは、岸さんが業界内で力を持っていたから、パワハラされたのですよね。もし、単なる力ない上司相手なら、はあちゅうさんは彼を無視したことでしょう。

力あるものに屈してしまう、そんな彼女の弱さを感じました。そして、力ないものに強く出てしまうことも・・・。

というのも以下の記事です。

「はあちゅう」こと伊藤春香氏、「童貞いじり」で炎上 弁護士や識者の見解は…

童貞をディすってるところが、力なきものに強く出ているかな、と思います。

早稲田の話も、嫌な話ですよ。

先程の記事の中に…

「うん。童貞感溢れる人が『早稲田です』って言ったら『やっぱりね!!!』って全力の納得をする時以外に、早稲田のことなんて考えない」(2016年10月8日)

とあります。

これって、童貞というより、早稲田を貶めているんですよね。
彼女は、慶應出身です。

世の中では、早稲田慶應という崩しようのない順番があります。早慶戦というように、常に早稲田が上位となっています。
彼女は慶應出身なのですから、早稲田ではなく慶應と言えば良いのです。

慶應は、福沢諭吉であり、お金の象徴です。
早稲田は、大隈重信であり、愛の象徴です。

愛とお金の優先順位を間違えてしまった彼女の心の中に闇が視えました。

そして、何より彼女の乙女心も伝わってきます。彼女は、お金を稼ぐべきでしたし、お金を稼いだら、愛を求めるべきでした。

儲けましょう。

女神より、愛を込めて。

 

投稿者: 自由の女神

人生で大切なものは3つしかありません、愛、健康、お金です。 他に散漫にならず、また3つのどれかに偏ることなく毎日を過ごしています。 twitter : @megami_imagem